三原葉子の思い出

日本映画界に1950年代後半から20年近くにわたりセクシー女王として君臨した女優「三原葉子」・・・・グラマー女優としてデビューした新東宝時代と、その後の彼女の女優人生を振り返ってみたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

女体桟橋・・・・・・・その天衣無縫な演技

女体桟橋
「女体桟橋」
三原葉子をはじめて知ったのは下にも書いているよう雑誌に掲載された「女体桟橋」のスチール写真だが、彼女をスクリーンで初めて見たのもこの映画だ。僕は三原葉子を知ってそれまでの女性観を一変させたのだった。


夫婦生活
僕が三原葉子に出会ったのは、学習塾の帰り道に本屋で「夫婦生活」という大人用雑誌(いまで言うアダルト雑誌)をめくっていると、上ページの写真が目に飛び込んできた。その当時は三原葉子さんの名前もまったく知らなかったが、なぜか僕は衝動にかられて買って帰った。

100万人のよる
この写真もこの頃「100万人のよる」に掲載された写真だ。いずれも「女体桟橋」のスチール写真だがまったく同じ写真ではないように思う。この写真のほうがよりすぐれているように僕は思う。
更にキャプションでつぎのような紹介文がある「問題作『女の防波堤』で一挙に売り出した新東宝の三原葉子は、肉感というよりは情熱と野生の塊のようなボリュームで、お上品な女優という世界のカラーを一変させてつるある。ムンムンむせかえるようなこの肉の厚みに、対抗できる男性は誰だろうか?」・・・・なかなか見事な表現だ。
しかし、このポーズ、この表情はなんだろうか・・・・天衣無縫というか、乳首をかろうじて細いブラジャーで隠し、惜しげもなく豊満な肉体をカメラの前に晒し、美しくみせようなどという気持ちはみじんもなく、こわいものなしといった表情で微笑んですらいるのである。かといって彼女の豊満な肉体を誇っているようでもない。この肉体をわが物のように支配する男がいったい現れるのだろうか当時の思ったものだ。
彼女のブラジャーを引きちぎって彼女の乳房を・・・・・したい衝動に男なら駆り立てられるだろう。
十数年後、鈴木則文監督は「ピンキーバイオレンス映画」で、その男たちの思いに応えるように、名和宏、山城 新伍、藤木孝や外人タレント達が三原葉子演ずる熟女を襲い、衣服を剥ぎ取り、乳房をわしづかみにし、噛みつかせ、パンティを脱がすシーンを演出した。そうえば、鈴木監督がかって新東宝時代の三原葉子のファンであったことをインタビューで語っていたが、監督も僕と同じ衝動を新東宝時代の彼女に感じていたのだろう。

三原葉子出演の新東宝映画に必ずといっていいほど彼女のセクシーダンスのシーンがあった。セックス行為の表現が映画で禁じられていた時代、彼女は踊りながらエクスタシーの表情を浮かべ、しかるべきポーズをとることによってセックス行為を表現したである。
女体桟橋3
女体桟橋2
女体桟橋3
男を誘うようなこの表情とポーズ。
グラマー女優デビュー2作目の「女体桟橋」で、その後十数年にわたってセクシー女王の名を欲しいままにした彼女の活躍を予見させるのに十分である。

女体桟橋6
このポーズなど、まさに男の体を受け入れるセックス行為そのもだ。

女体桟橋4

上の三原葉子の紹介文から彼女が東映のピンキーバイオレンスで活躍していたころの雑誌記事だということがわかる。今にもダンスウェアからはみ出そうな巨乳が男を悩殺する・・・・・・

三原葉子は先に紹介したような映画のスチール写真をたくさん残したが、たくさんのピンナップ写真も新東宝時代に残している。しかも後に出演するピンキーバイオレンスで見せたセックスシーンで表情をピンナップ写真ですでに見せている。つまりピンナップが彼女にとって、いわばセックス行為を表現する媒体だったのだ。
以下の写真は新東宝時代の代表的なピンナップ写真と、1972年12月公開の「エロ将軍と二十一人の愛妾」の一シーンである。名和宏に巨乳を右手でわしづかみにされ、左手でなんと股間をもまれ喘ぐ表情と、新東宝時代のピンナップ写真の表情をとくと比較してください。
新東宝時代とピンキーバイオレンス_1



下の写真は僕が大学4年の時、僕が2番目に手に入れた三原葉子の写真で、実話雑誌の特集号に掲載されたいた。これもたまたま女体桟橋のスチール写真だ。
太めだがくびれた胴、豊かな腰から細い脚の線が実に美しい。肩までたらした長い髪の毛、ビキニスタイルながらなぜか履いているハイヒール、なにをとってもセクシーだ。
女体桟橋5





FC2 Management
  1. 2013/09/04(水) 22:52:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

肉体女優殺し 五人の犯罪者・・・・・その土俗的な魅力

五人の犯罪者1
「肉体女優殺し 五人の犯罪者」
三原葉子が1957年11月グラマー女優としてデビューした第一作目である。僕は大学1年の時、映画館でなくテレビの「まるまん深夜劇場」で見た。
このスチール写真ではB29の三原葉子対ゼロ戦の三ツ矢歌子という感じだ。



この映画は下の土俗的な魅力いっぱいの三原葉子のストリップシーンから始まる。
「肉感というよりは情熱と野生の塊のようなボリュームで、お上品な女優という世界のカラーを一変させた」三原葉子の原点なのだ。

五人の犯罪者2


この映画のプロローグのストリップシーンは、三原葉子が男のダンサーと愛しあっているシーンからはじまる。三原葉子の官能的な表情、美しい脚がたまらない・・・・・五人の犯罪者1

そこにライバルが現れ三原葉子はわきに押しやられ・・・・・五人の犯罪者2

三原葉子の後姿がセクシーだ。
三原葉子さんも後姿には自信があったようで、たくさんの後姿の写真を残している。
すこし寄り道をして三原葉子さんの後姿をご紹介しよう・・・
・・・・・この写真はこの映画の4年後の「駅前弁当」でのヌードシーンである。

駅前弁当1くびれた胴と、みごとなヒップ・・・・・どこをとってもセクシーの塊だ・・・・まさに裸の女王・三原葉子!!

そしてこの映画「五人の犯罪者」から15年後、「恐怖女子高校・女暴力教室」で女番たちに、愛人の息子役・名和宏とのセックスを強要される絹枝を演じる三原葉子さん 39歳のヌードシーンだ・・・・
女暴力教室2

女暴力教室

この写真も「恐怖女子高校・女暴力教室」と同じ年1972年に公開された「喜劇・セックス攻防戦」の貞操帯をつけてラブホテルのベッドにうつぶせになっているシーンだ。この熟れた体三原葉子さんは熟女王でもあったのだ!!13091001.jpg

後姿のスチール写真もう一枚。
1958年公開の「ヌードモデル殺人事件」のオールヌードで豊かで美しい乳房を魅せてくれるスチール写真だ。。
この作品については改めてあとで紹介するが、このとき三原葉子はヌード写真をたくさん残している。この写真のキャプションに「爛熟した大人のお色気を発散する情婦型グラマーノナンバー・ワン」とある。三原葉子はグラマー女優デビュー当時から熟女だったのだ。
一緒に掲載されている写真は、僕の中学時代のアイドル筑波久子だ。
三人のグラマー女優

三原葉子の後姿の素晴らしさの紹介で、ずいぶん話が横道にいってしまった。
話を元の「五人の犯罪者」に戻そう。
男を奪われ、あてつけにストリップテイーズする三原葉子

五人の犯罪者3

しかし、取り返そうと男に体を預ける三原葉子。こんな肉体美人に体を預けられて、ダンサーも心中穏やかでないだろう。
五人の犯罪者4

しつこく男にまとわりつく三原葉子。五人の犯罪者5

うるさいとばかりに三原葉子を平手ではたく男五人の犯罪者6

ライバルをピストルで撃つ三原葉子。三原葉子の怖い表情とりっぱな存在感のある肉体
五人の犯罪者7

勝ち誇る三原葉子。両手を後頭部にあてる三原葉子の得意のポーズがはじまった。
五人の犯罪者8

そう、「女体桟橋」でもみせたこのポーズだ!!
五人の犯罪者9

うっとりとした三原葉子らしい表情だ。
五人の犯罪者10

この怪しげな表情・・・
五人の犯罪者11

このシーンをみて、当時三原葉子ファンだった鈴木則文監督は下のようなシーンの演出を、いつかしてみたいと妄想したに違いない・・・・この僕だって三原葉子の映画を見て映画監督やヌードカメラマンになりたいと真剣に思ったものだ。
妄想2

その積年の思いを15年後に彼は一連のピンキーバイオレンス作品で実現する。藤木孝や外人タレントに三原葉子の乳房を思いのまま揉ませ、その表情をカメラに収めたのだ。
妄想1

つまり「肉体女優殺し・五人の犯罪者」は三原葉子の原点だったのだ。

参考:動画は以下をクリック!
http://aki373nori.blog.fc2.com/blog-entry-32.html




  1. 2013/09/08(日) 22:03:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

女奴隷船・・・・・・・・その堂々とした演技

女奴隷船1
「女奴隷船」
この映画「女奴隷船」は何と言っても三原葉子のセクシーダンスだ。いや川本三郎も「新東宝といえば三原葉子である。グラマーである。裸である。新東宝にとっでもっとも“恥部”であったものが同時にそのひそやかな魅力であったことは間違いない」と書いているよう当時の新東宝は三原葉子が背負っていたようなものだ。

参考:動画は以下をクリック!
https://www.youtube.com/watch?v=SaMk2OBL6JM&list=PL6WBCn9jJhwWN0PFtd9zK0jNPoIiKyngN



この官能的な踊りは後姿から始まる。
女奴隷船2

ここで三原葉子のセクシーな後姿をもう少し探してみよう。新東宝末期のピンナップ写真・・・パンティを下げて胴のくびれをみせ、豊かな乳房をのぞかせ・・・・きれいなラインだ・・・・
後姿ピンナップ1

これもコスチュームから同時に撮影したと思われるピンナップだ。少し寂しそうな顔だ、新東宝の経営危機が頭をよぎるのか?
ピンナップ2

この画像は「赤いワッパ・0課の女」三原葉子41歳の画像だ。右は杉本美樹。
・・・僕はこの作品を映画館で見たが、彼女がこの全裸になるこのシーンで「三原葉子さんありがとう」と思わず感謝の気持ちがいっぱいになって涙が出てきてのを覚えている。
13091301.jpg

いよいよ三原葉子さんのベリーダンスが始まる
女奴隷船3

また横道にそれるが、このベリーダンスで思い出すのがロンダ・フレミング主演の「風雲のバビロン」だ。
筑波久子さんや三原葉子さんのことをまだ知らない中学生の頃、学校への行き帰りに見たこのポスターは刺激的だった。

風雲のバビロン1


この頃のは性行為をダンスでセックス行為を表現するというのは新東宝だけでなかたのだ。
いやむしろ新東宝が洋画の手法をパクッたのだ。
もう一人中学生の僕を悩ました女優がた。散髪屋の待合で映画グラフ雑誌(芸能画報)に掲載されていた「熱砂の舞」のアニタ・エグバーグだ。ポールを股に挟んでの踊りはセックス行為の表現そのものではないか?

13091401.jpg

三原葉子は1979年の雑誌のインタビューで、新東宝時代を振り返りながら洋画のグラマー女優たちについてこのようなコメントを残している。
「外国映画で、影響を受けたっていえば、結局、マリリン・モンローとか、ジーナ・ロロブリジーダとか、それから、シルバーノ・マンガーノや全部出ている時代でしょ、その頃はね、影響を受けたってことはないけど、よく見てました。真似しようって言ったてやっぱり、カラダも違うし・・・・」
なんのなんの、三原葉子さんだってカラダじゃ彼女たちに負けていませんぞ!
もっとも「カラダも違うし」といったあたり、自分はカラダの演技で勝負するのだということをよく自覚しておられたようです。

おまたせしました、三原葉子のカラダの演技ご鑑賞下さい。
荒くれ男たちに余裕しゃくしゃくの三原葉子・・・・・ちょっとだけよ・・・・


13091405.jpg
13091404.jpg
13091403.jpg
13091406.jpg

男たちに自慢のカラダを堂々と披露する三原葉子の度胸。
しかしさすが39歳の葉子姐御も鈴木側文監督の「エロ将軍と二十一人の愛妾」での演出にはまいったようだ。
岩本内膳正(名和宏)との蔭間茶屋(いまでいうラブホテル)でのセックスシーンの台本には「岩本:濃厚に愛撫する・・・」とだけの表現が下のようなシーンになる。カメラの前で乳房をさんざん弄ばれメロメロになっている三原葉子の股間を揉ませるのだ・・・・・これはセックス行為そのものだ。
「あっつ・・・・」

pinky_021.jpg

「あ、あ、あ、・・・(それだけは)」
pinky_024.jpg

「もうダメ・・・・・あーーー(やめて下さい)」
pinky_025.jpg

お万の方(三原葉子)はほとんど泣きながら「あああ・・・・・お万はなんでもいたしまする・・・・・でも、憎らしい人・・・・・」(名和宏の満足そうな顔も憎たらしいが)・・・・この言葉は鈴木監督に対する言葉だろう。鈴木監督はここでも三原葉子に対する積年の思いをはらしたのだ・・・・・これこそカラダの演技だ。
13091408.jpg


しかし、肉体女優No1・三原葉子さんだ、これでは終わらない。
「もっとじゃ・・・あ、あ、あ」
pinky_028.jpg


爪を岩本の膝に立て「田沼様のお嬢様(三浦夏子)をおもらいいになるのでしょう・・・・」・・・・これも三浦夏子と結婚する鈴木監督へのメッセージだ。
pinky_032.jpg

すると岩本はお万の右手をとり、自分の一物を握らせながら「これはなお前のものじゃ・・・ハ、ハ、ハ・・・」
pinky_034.jpg

「罪なおひと、わらわをこのような色地獄につき落として・・・う、う〜」さすがの三原葉子さんも泣き出す。鈴木監督の勝ち!!
13091501.jpg






  1. 2013/09/12(木) 10:57:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヌードモデル・殺人事件・・・・・・なぜ三原葉子はこんな役をやらされるのか

13091701.jpg
「ヌードモデル殺人事件」豊かな胸の谷間をみせて三原葉子さんが顔をゆがめている・・・・よくみると背中にナイフがささっている。三原葉子さんはこの種の奇獣シーンをよく演じた。
僕は紳士ぶったり、ましてはフェミニストだというつもりはないけれど、この種の映画はそれほど興味がない、しかし三原葉子さんの映画となると触れないわけにはいけない。
一度どこかで書いたが、とはいえ中学生のころ「風雲のバビロン」のポスターの隅にロンダフレミングが丸太に縛られ火あぶりの刑に処せられるシーンをみて、子供心になんとも言えない気持ちになったのを覚えている。

13091702.jpg


そういえば三原葉子さんは縛られるシーンがよくあった。なかでもパンティー一枚で校門に縛られる「恐怖女子高校・女暴力教室」のエンディング・シーンには驚いた。ピンキーバイオレンスでは毎回三原葉子さんに要求する演技がエスカレートしていき、それを僕たちも期待していたが、これは期待をはるかに超えていた。
三原葉子さんがなぜこんな姿に・・・・実は鈴木監督の巧みな筋書きである。安部徹演ずる悪玉にさんざん悪事をはたらかせておいて、健さんが最後に悪玉をぶった切るという東映やくざ映画のいつものパターンだ。つまり学園の理事長(金子信雄)の愛人絹江(三原葉子)にさんざんあくらつなことをさせておいて、ぶった切る代わりに裸にして縛るというわけでだ・・・・おかげでさまで僕たちファンは三原葉子様の熟し切ったニクタイを鑑賞することができた・・・感謝感謝。
pinky_251.jpg

寄り道ついでに、三原葉子様のグラマー女優で売り出したころの14年前の肉体と比較してみよう・・・・・なんと「三原葉子の肉体相拝見」とある・・・・・・。あなたはどちらがお好みですか?
それにしてもこのニクタイを保つ三原葉子さんの努力・・・・・僕がこのブログで三原葉子を「さん」づけや「様」づけににいつの間にかしてしまったのを理解していただけると思う。

13091703.jpg

映画「ヌードモデル殺人事件」戻ろう。実は映画では下のスチール写真のような全裸シーンはなかった。いやなに、当時の日本映画はポスターでは刺激的なスチール写真を派手にあしらいながら、映画ではまったくそのようなシーンがないというのが常道だった・・・これは一種の誇大広告だ。
13091901.jpg
しかし、この三原葉子さんの全裸写真が三原葉子さんの一番の良さを出しいるだろか?
例えば下の左右の写真を比較していただきたい。左の三原葉子さんが自慢の肉体を惜しげもなくカメラに晒しているポーズより、恥じらいの表情が見える右の写真の方に彼女のセクシーな魅力をより感じるのは僕だけだろうか?

13092001.jpg

下のスチールも同様ではないだろうか、左のスチールは三原葉子さんが多少誇らしげに巨乳を見せているのに対し、右のスチールは恥じらいの表情が見える・・・・・もっとも鈴木監督の予想外の演出によるものだ・・・・
13092102.jpg

結論を急ぐ前に、もう一つの比較をしてみよう。左の三原葉子さんは前を紫色の厚めの布で隠してはいるが、いかにも肉体を誇っている様子が表情に見て取れるが、右の写真は明らかに恥じらいがみえるではないか?
13092103.jpg

この三原葉子さんの恥じらいの表情をカメラでとらえるためどんどん演出はエスカレートしていく。
ある時は三原葉子さんの股間を狆になめさせる。

pinky_001.jpg

また、ある時はこけし?をしゃぶらせ・・・
pinky_003.jpg

しかし三原葉子さんはこんなことぐらいはへいちゃらだ。
そこで鈴木監督の要求は更にエスカレートする。
愛人(金子信雄)とセックス中の寝室に、池玲子をはじめとする女番達を押し入らせ、三原葉子さんを裸に剥きあげてしまうのだ。これにはさすが三原葉子さんもぶるった・・・・・乳房がのぞいているのがエロっぽい。

pinky_231.jpg

そこへ鈴木監督はこれでもかとばかり、全裸の三原葉子さんの上に愛人の息子役(名和宏)を押し倒す。
13092601.jpg

三原葉子さんの恥じらいを超えたこの表情
13092602.jpg

しかし、さすが三原葉子さん! 名和宏の頭を抱きながらたちまちエクスタシーにひたる表情が実に美しい!
13092603.jpg

再び「ヌードモデル殺人事件」に戻ろう。
よく当時の成人雑誌に下のスチール写真が掲載された。
写真のキャプションに「ヌードモデル殺人事件では、完全な一糸まとわぬ裸体をご披露に及んだ三原葉子」とある。
しかし、先にも触れたようにこんなシーンは映画にない。この映画を見に来た観客のお目当てはともかく、この映画の主役は三ツ矢歌子で、三原葉子さんはいわば脇役だった。

13092801.jpg


「ヌードモデル殺人事件」のストーリーは以下の通りだ。
中央ヌード・クラブのモデル倉田きよみは、画家の須山から電話があって出かけたまま一週間前から行方不明となった。きよみの妹ふじえ(三ツ矢歌子)の捜索願によって世田谷署の浜野刑事は須山のアトリエを訪れたがそこに死後一週間と思われる男の顔なし死体を発見した。死体は須山と推定されたが、近所の人の話によると二日前、荷造りしている須山の姿を見かけたという。送り先、国際美術商会を突きとめた浜野刑事は、かの荷物の中から等身大の石膏像に収められた、きよみの死体を発見した。浜野は、さらに須山宅の女中から、ヌード・クラブの常連、笠原医師(沼田曜一)に須山が盲腸の手術を受けたことを聞いたので、笠原医師を調べる一方、ヌード・クラブに須山と名乗る男から電話があってモデルのユリが連れ出されていることを知ってユリの足どりに捜査の手をのばした。間もなく白樺湖上のボートにユリの死体が発見され、発見者の話や、アトリエの男の死体に盲腸の手術跡がないことなどから加害者は須山と、容疑を深めた。一方、ヌード・クラブのモデルまり子(三原葉子)は、マネジャーの北川から、須山に変装して悪戯でモデルの照子を脅してやろうと言われ、夜、照子のアパートを訪れたが、二人のモデルは何者かに惨殺され、そこへ須山に変装して現れた北川は警官に捕り殺害容疑を受けた。北川は容疑を否定した。浜野刑事は、須山が北川の悪戯の計画を知って照子のアパートに来て二人を殺したのかも知れないと、まり子の当夜の足どりを調べた結果、彼女は笠原医師の所へ立寄ったことが判った。笠原は当夜のアリバイを証明した。捜査は迷官入りかと思われた。しかし浜野は、やがて、万一、須山が手術を受けていなかったとしたら、アトリエの死体は須山でありそうすれば誰かが須山になりすまして犯行を重ねているのではないか、と考えるに至った。誰か?とはアリバイに不審のある笠原医師--浜野刑事は留守の笠原医院を訪れ、そこにモデル(三原葉子達)の惨死直後の写真を発見、愕然とした。直ちに捜査本部へ急報、看護婦から笠原の所在をつきとめ須山のアトリエへ飛んだ。そこには、ふじえが笠原に殺される寸前にあった。が駈けつけた浜野と警官隊に、笠原は逮捕された。

13092802.jpg
13092803.jpg
  1. 2013/09/17(火) 17:33:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

女岩窟王・・・・このボリューム

13092804.jpg
「女岩窟王」
三原葉子さんのこのボリュームと美貌・・・・・日本映画界の歴史の中でこれだけのボリュームと美貌を兼ね備えた女優がいただろうか。

下の写真はそのころのピンナップである。
この申しわけ程度に、三原葉子さんの肉体の一部を隠しているブラジャーやパンティーを引きちぎって、〇〇してみたいと思うのはぼくだけだろうか。現に当時三原葉子ファンだった鈴木則文は後に監督になり、監督権限を大いに乱用している。

13092805.jpg

まず三原葉子さんん東映ピンキーバイオレンス初出演の「現代ポルノ伝・先天性淫婦(注)」で藤木孝に葉子さんの牛のような乳房にしゃぶりつかす(注:三原葉子さんの東映ピンキーバイオレンス初出演は正確には「温泉みみず芸者」だが、この映画ではセックスシーンの出番はなく、旅館の女将を演じ池玲子の指南役に徹していた)。
ちなみに藤木孝は僕と同年で、高校生のころから隠れ葉子ファンだったに違いない。
台本にあるとおり「しゃぶりつく」のでなく、うれしさのあまり、おもわず噛みついてしまったのだろう。
13092806.jpg

寝技の次は立ち技、カメラの前で葉子様を背後から攻め立てた・・・・。
13092807.jpg

「恐怖女子高校・不良悶絶グループ」では更に鈴木監督の要求はエスカレートする。
外人タレントにパンティーを剥ぎ取らせ・・・・・そういえば鈴木監督は三原葉子様のパンティーを男に剥ぎ取らせるシーンをよく演出した・・・・・・これも長年の鈴木監督の夢であり、僕の高校時代からの夢でもあった

13092902.jpg

しこたま乳房を揉ませるのだ・・・・・これもまた、長年の鈴木監督の夢であり、僕の高校時代からの夢でもあった。
13092903.jpg

先ほどまで「やめて下さい・・・・・」と叫んでいた三原葉子さんのこの表情はなんだ・・・・・・エクスタシーの絶頂の表情ではないか!!
さすがセクシー大女優の三原葉子さんだ!!

13093001.jpg

バタン!!その時娘(池玲子)が学校から帰ってきたのだ。この時の三原葉子さんの表情・・・・情事の現場を娘に見られた・・・・・・母親になっきっているではないか・・・・こんなお母さんを犯してみたい・・・・13093002.jpg

そのあと不良外人と狂ったように燃える・・・
13100201.jpg


さすが名ハダカ女優三原葉子さんだ!!

この「名ハダカ女優」は「エロ将軍と二十一人の愛妾」についての当時のアダルト雑誌「平凡パンチ」のインタビューで、鈴木監督が三原葉子さんのことを表現した言葉だ。

しかし、鹿島 茂が「甦る昭和脇役名画館」のなかで「生涯一エロ女優の心意気」と三原葉子様のことを書いていたのは異議がある。「エロ」という言葉は「エロ本」とか「エロ映画」のように「猥褻」や「劣情」につながる言葉だ。三原葉子様の堂々とした女優人生を「生涯一エロ女優の心意気」とはなんだ!

  1. 2013/09/28(土) 19:19:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近のコメント

三原葉子の思い出

三原葉子の思い出

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。