FC2ブログ

三原葉子の思い出

日本映画界に1950年代後半から20年近くにわたりセクシー女王として君臨した女優「三原葉子」・・・・グラマー女優としてデビューした新東宝時代と、その後の彼女の女優人生を振り返ってみたい

三原葉子さんのセクシー演技の分析

かって淀川長治さんが「三原葉子 のダン サーがまたすぱらしい。その化粧されない演技とでもいいたい。個性からくる水々しさは当今まれな女優で ある」と書いたが、三原葉子さんの生来のセクシー女優としてのすばらしい演技を本稿では分析してみよう。
この写真はどうだろう、カメラの前に豊満な肢体をおしげもなく曝し、「私に挑戦しないといたづらげに目は語っている。
pinky_058.jpg

豊かな胸を手で半ばおおい「私を抱いて」とばかりの表情だ。
pinky_023.jpg

東宝映画「駅前弁当」のスチール写真では、はみ出でそうな巨乳を両手で隠し、わざとらしさもなく、自然で、しかも美しい、天衣無縫だ・・・・・ああ・・・三原葉子様。
駅前弁当

そういえば新東宝時代こんな写真も遺している。なんと柔らかそうなボディ! 潤んだ目・・・・乳房をお見せできないのが残念・・・。
pinky454.jpg

何かを訴えるような目! 重そうな巨乳・・・・・ああ三原葉子様
pinky456.jpg


葉子さんはグラビアアイドルの草分けでもあった・・・・・・カメラの前ではじめて乳首を見せる葉子さん・・・・恍惚の表情だ
pinky_022.jpg


恍惚の表情だったらまだまだ新東宝時代の三原葉子さんの蔵出し画像がある。
pinky457.jpg



こんな清楚な表情も・・・・
pinky459.jpg


かと思えばこんなお色気ムンムン・・・・
pinky460.jpg


そして、こんな肉の塊のような肢体を披露して・・・・・・劣情を禁じ得ないのは僕だけだろうか?・・・・あ、あ、三原葉子様

pinky461.jpg



そして、おしげもなく体の一部を隠していた布切れまでかなぐり捨てて!・・・・・・あ・・・あ・・・あ・・・三原葉子様

駅前弁当1


どう、このカラダ!と言わんばかりの葉子さん・・・・ボリューム満点の腰
pinky462.jpg

しかし、こんなことで劣情などと驚いてはいけない。・・・・・「エロ将軍と二十一人の愛妾」では色気違いの大奥の老女を演じて、ごらんのようなコケシにしゃぶりつくのだ。
pinky_003.jpg
スポンサーサイト
  1. 2018/12/25(火) 10:22:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近のコメント

三原葉子の思い出

三原葉子の思い出

現在の閲覧者数: